なぜパニック障害にセロトニンが良いと言われるのか?

パニック障害とは、突然「パニック発作」によってはじまるもので、
本能的に危険を察知する偏桃体が過剰に反応して、呼吸や心拍数が
増してしまう病気です。

 

また一度、パニック障害に襲われると、また発作が起こるのでは?
と、「予期不安」となって症状が慢性化すると言われています。

 

その原因は、人それぞれのようですが、神経伝達物質や自律神経が
うまく働いていないのでは?と推測されています。

 

またセロトニン仮説と言って、ノルアドレナリンによって引き起こ
される不安が、セロトニンの不足によってうまく抑える事ができない、
という説も言われています。

 

その治療には、発作を抑えるため三環系抗うつ薬、SSRI、スルピリド
などの抗うつ剤が使われているようです。

 

セロトアルファは、セロトニンを補い調整することや、パニック障害の
治療にうつ病の治療薬が使われることから効果は期待できるでしょうね。

 

しかも、天然由来の麹から生じた酵素などが原料なので副作用の心配が
少ないのでお勧めです。